2016 ジャパンカップは三歳はいらない

回収率アップ馬券予想へようこそ


ジャパンカップ
京阪杯
ラジオNIKKE杯京都2歳ステークス


訪問、いつもありがとうございます!

にほんブログ村 競馬ブログ 中央競馬へ
 

だ!



外国馬の参戦が少ないほどジャパンカップの価値は下がる

 このレースは、世界に日本馬の実力を示すのにもってこいのレースのはずだった。
しかし、今では日本の競馬のを下げているようにしか見えなくなってきているように思える。
今回参加の外国馬が、昨年の4頭を下回る僅か3頭しかいないのは、残念で仕方ない。
一昨年も三頭だけの参戦だった。

 日本馬が強いので参戦しても勝てないと思って参戦しないのではないだろうか。
海外の凱旋門賞で何十年間も全く勝てない日本の馬が、ジャパンカップだと勝ちまくっているのも、その理由とも考えられる。

例えば、マラソンで考えてみよう。
マラソン大会でその大会の価値を高める為には、有力選手を招待したり、有名人を参加させたり、ゲストに呼んだりしなければならない。
世界的にも有力な選手達がそれらの招待なしで参戦し、もし、格下の選手達に負けでもしたならば、大変なイメージダウンになる。
馬の世界ならば、引退後の種牡馬としての価値やその子供達の価値まで下げてしまう大きなリスクのあるレースになってしまう。
初期のジャパンカップは外国馬が強く、シンボリルドルフやカツラギエースぐらいしか勝てず、世界の競馬の凄さを感じられた。

 優勝賞金は世界で一番を争っていたし、世界の強豪馬が参戦していたので、優勝すれば名誉と大金を手に出来る可能性の極端に高いレースだったのだ。

いまや、日本馬凱旋門賞惨敗馬が参戦するこのレースは海外有名レースで勝てない弱い馬に負けて仕舞うリスクを含んだ日本のジャパンカップである。

さて今回は 外国の馬が少ない事もあって、やっぱり日本の馬が中心になる事は間違いない。
今年の凱旋門賞の結果を参考にするならば、今年の三歳は能力が低いと考えるべきだろう。
ここは古馬から狙いたい。

現時点で連に絡みそうな有力馬は この2頭と考えている。
人気ブログランキング

ジャパンカップ注目馬と特注馬
 ⇒人気ブログランキング

最高のカイシュウキングの最強馬券予想は 完全な統計によるデータ出目予想なので、このコラム予想と必ず一致するものではありません。


   



トラコミュ
今回の有力馬、狙い馬、穴馬!


 出目パターンによる
馬券予想の的中・払戻金ランキング


◎ 的中高配当ランキング 見る
◎ 的中高回収率ランキング 見る

  最新記事に戻る

   


 
[ 2016/11/22 21:00 ] 競馬情報 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kaisiyuuking.blog.fc2.com/tb.php/1171-3844d31b